花を咲かそう.com

アジサイを綺麗に咲かせる為の知識を身に付けておきましょう

アジサイには様々な色合いがあります

アジサイは、土の成分を変えるなど育て方によって色合いが変わります。ですから、様々な色合いを楽しむことができる花になので、お庭などでアジサイを育ててみてはいかがでしょうか。

アジサイの育て方を知っておきましょう

青色のアジサイの作り方

アジサイを青色にしたい場合は、土を酸性にします。赤玉土5:腐葉土3:ピートモス2の割合で混ぜれば、酸性の土ができます。

ピンク色のアジサイ作り方

ピンク色のアジサイを咲かせたい場合には、土をアルカリ性にします。アルカリ性の土の作り方は、赤玉土7:腐葉土3を混ぜた土に苦土石灰を一握り混ぜて下さい。そうすることで、アルカリ性の土ができます。

しっかりと水やりをする

アジサイは、乾燥を嫌うので水を十分に与える必要があります。土の表面が乾いたら、鉢底から溢れる程に水を与えてあげましょう。

適量の肥料を与える

アジサイをたくさん咲かせるには、適量の肥料を与えることが良いでしょう。肥料を与える際には、肥料成分がゆっくり効くようにすることでより多くのアジサイの花が咲きます。

アジサイの植え替え時期

花が咲き終わった夏が終わる頃に、アジサイを植え替えると良いでしょう。アジサイは、根の成長が早く根詰まりを起こしやすいので、植え替えは必ずしておく必要があります。

アジサイの育成を手助けをする肥料の種類ベスト5

no.1

比較的安価な短期間型の緩効性肥料

この肥料は、アジサイに必要な栄養素をバランス良く配合しています。土に置くだけなので手軽に仕様でき、価格も安価で手に入れやすいです。

no.2

幅広く使える中期間の緩効性肥料

中期間型の緩効性肥料は、3ヶ月程度効果を発揮します。この肥料は、追肥に使われることが多いですが、元肥にも使えるので幅広く汎用性があるでしょう。

no.3

1年以上効果が続く長期間型の緩効性肥料

この肥料の大きな特徴は、元肥として混ぜておけば1年以上追肥をする必要がなく効果が持続します。ですから、非常に使いやすい肥料になります。

no.4

速効性のある液体化成肥料

液体化成肥料は、速効性があることが1番の特徴でしょう。しかし、原液タイプの場合は希釈倍率を間違えて使用すると肥料焼けするので注意です。

no.5

水に溶かして使う粉末化成肥料

粉末化成肥料は、液体化成肥料と同様に速効性があります。特に、カリ分を多く含んだタイプが人気です。また、粉のままで与えられるので手軽に使えます。

アジサイの咲かせ方

女性

アジサイの置き場所

アジサイは直射日光を浴びると早く色褪せてしまいます。ですから、半日陰の場所か明るい室内に置くことで色褪せを防ぐことができるでしょう。

根腐れ防止をする

アジサイの受け皿に水が溜まっていると根腐れになってしまいます。根腐れをしたらアジサイは病気になったり枯れたりするので溜まった水は必ず捨てて下さい。

根がきつく張ってしまう根詰まりを回避する

鉢の中で根が張ると根詰まりを起こし、綺麗にアジサイが咲きません。その為、咲き終わった頃を見計らって一回り大きな鉢に入れ換えましょう。そうすることで、根詰まりを解消でき綺麗にアジサイが咲きます。

広告募集中