花を咲かそう.com

上手なアジサイの育て方に剪定という方法があります

数ヶ月経てば一回り大きな鉢に植え替える

数ヶ月経つと、アジサイの根が十分に伸びてきます。しかし、そのままにしておくと根詰まりをしてしまうので、一回り大きな鉢に植え替えましょう。このようなことに気をつけていれば、アジサイは簡単に増やすことができるのです。

人気のあるアジサイランキング

no.1

パステルカラーが特徴的な万華鏡

万華鏡は、花びらの周りが白く縁取りされています。さらに、中心に向かって色が濃くなっていき、今までになかったパステルカラーになります。

no.2

上品な色合いのフェアリーアイ

花弁が厚く丈夫なので育てやすいという特徴があります。また、育てていくうちに色合いが変化します。上品な華やかさを楽しみたい人におすすめです。

no.3

個性的なダンスパーティー

ダンスパーティーは、透明感のある細長い花びらが重なって星のように見えます。星の形をした花が集まることで、花がダンスしているような華やかさからこのような名前が名付られました。

no.4

金平糖のような花が特徴になるこんぺいとう

こんぺいとうは、名前の通り金平糖のような花が咲きます。また、縁が白く、中心にいくにつれて色が濃くなっていくグラデーションが綺麗なアジサイです。

no.5

純白な花が咲くシュガーホワイト

咲き始めは少しグリーンがかった色をしていますが、成長と共に純白になっていきます。清楚な雰囲気を楽しみたい人はシュガーホワイトにしてみてはいかがでしょうか。

アジサイの剪定の方法

ブルーベリー

剪定の基本を知っておきましょう

アジサイは、上から1節目は花を咲かせる可能性は低いです。ですから、花の1番近い場所に生えている1節目の花ごと切り取ってしまいましょう。そうすることで、風通しが良くなって害虫などの被害を減らせることができます。

全体的に小さくする場合

アジサイの成長スピードは早く思っている以上に早く、すぐに大きくなることがあります。その時は、アジサイのボリュームを減らすことが必要になるでしょう。ボリュームを抑えるためには、上から2節目までを切り取ると良いです。

一から育て直したい

大きく育ちすぎて、剪定で対処できなくなることがあります。そんな時には、強剪定や切り戻しをしましょう。しかし、強剪定や切り戻しをすると次の年は花は咲きませんので、よく考えてから行うようにします。

アジサイを簡単に増やす方法

剪定で切り取った枝を利用して増やす

アジサイは挿し木をすることで増えていきます。その時に、効果的なのが剪定で切り取った枝を利用することがおすすめです。また、花芽が付いている枝であれば花を咲かせてくれる可能性があるでしょう。

アジサイを綺麗に整える

7月頃に、剪定した枝を10~15㎝程に切り揃えます。そして、葉っぱは数枚残して他の葉っぱを切り落としましょう。

綺麗に整えたアジサイを水の入った容器に浸す

水を入れた容器に、綺麗に整えたアジサイを浸します。この時に、アジサイの切り口は斜めに切ってから浸しておくことが大切です。

数時間水に浸したアジサイを土に埋める

アジサイが上手く挿せるように、土に指や割り箸で穴を空けます。そして、数時間水に浸したアジサイを3㎝程埋まるように挿して下さい。

土にアジサイを挿したら乾燥をしないように水を与える

アジサイを土に挿すことができれば、後は直射日光の当たらない場所に置きましょう。さらに、アジサイは乾燥を嫌うので水をたっぷり与えてあげることが大事です。

広告募集中